結婚指輪、意外と色々あるけど選ぶポイントは3つ!

その1:材質で選ぼう!

結婚指輪と言えば、プラチナを連想する方が多いのではないでしょうか。プラチナの特徴は白く輝いていることです。見た目はシルバーに似ていますが、シルバーのように黒く変色することがなく、耐食性に非常に優れた金属なのでいつまでも白く美しく、結婚の永遠性を表しているようで人気のある金属です。しかし近年ゴールドも人気です。ゴールドは、割金に混ぜる金属の配合によって、ホワイトゴールドやピンクゴールドも作ることが出来ます。そのような多様性も人気の一つではありますが、ゴールドはプラチナよりも硬いので、実はプラチナよりも日常身に付ける結婚指輪に向いているのです。ただしプラチナと同じ色をしたホワイトゴールドを選ぶと、割金の材質によっては軽い変色が起こる可能性があります。プラチナとゴールド、それぞれの特徴を知ってあなたに合った方を選びましょう!

その2:デザインはシンプルに!

結婚指輪は一生に一つだけのものですので、自分たち夫婦だけの特別なものを選びたいですよね。しかしあまりにオリジナリティを追求し過ぎて、凝ったデザインのものにしてしまうのはちょっと危険!なぜなら、結婚指輪は毎日身に付けているものだからです。特に女性だと、外さずに家事や日常生活を送る人がほとんどではないでしょうか。そんなとき、凝ったデザインのものですと自分や家族や家財道具を傷つけてしまったり、指輪そのものが壊れやすくなってしまいます。凝ったデザインの指輪はオシャレしたいときにオシャレ用の指輪として購入すれば良いのですから、結婚指輪はシンプルを心がけましょう!

その3:宝石をつけるなら?

例えシンプルな指輪にしても、女性だと宝石の1つでもついている方が気分がアガりますよね!でも、婚約指輪のようなダイヤモンドがごろっと乗っかっているようなデザインは、前段で述べましたとおり、結婚指輪に向いていません。結婚指輪で宝石付きを望むのでしたら、地金に埋め込まれて表面がフラットになっている指輪を選ぶと良いでしょう。また、指輪の裏側にも宝石を付けられるものがあります。ご夫婦でお互いの誕生石にしてみたり、石言葉が素敵な宝石を選んでみたり。結婚指輪はシンプルだけれど意外と宝石で個性を出すことは出来ますので、ご夫婦だけの特別な結婚指輪にカスタマイズしてみてくださいね!

結婚指輪はお互いにとって日常的に身につける物で、デザインやネームの入れ具合など色々比較してみるべきです。